読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステージ前終身雇用

この胸押し寄せる愛を感じたなら歌おう

安井謙太郎くんが大学に行かなかったからよけい好きな話

 

あたしは頭のいい人が好きだ。

お勉強ができるというより、アイドルとして人として、頭の回転が速くて鋭く刺さる言葉を発したり、臨機応変にさりげなくメンバーやファンを思いやることができる、そういう頭のいい人が好きだ。

 

でもまあ自担は大卒アイドルだったり*1、読書家だったり*2、もうすぐ現役大学生になるかもしれなかったり*3する。

やっぱり肩書きとかもかっこいいと思ってしまう。

 

Snow Manの阿部亮平くんなんて、一般入試で上智に受かって気象予報士の資格まで取って、該当担じゃないけどかっこいいとか思ってる。(軽率)

聡ちゃんももし本当に噂どおりの大学に行って、「現役○○大生ジャニーズ」とかいって番組に出してもらえたらかっこよすぎとか思ってる。(単純)

廉はさらっと大学受験することをにおわせてるけど、それだってものすごくうれしいし、できれば名前を知ってるような大学に行ってほしい*4とか思ってる。(親心)

 

謙太郎くんは頭がいいと思う。

ガムシャラを見て、くるくるっと頭を回転させて番組を進行したり、みんなに気を配って話を振ったりしてる謙太郎くんをだんだん好きになっていった。

 

2015年夏の、10歳下の子と同じチームでパフォーマンスバトルを行うことになったときの謙太郎くんは、みんなに敬語はやめようと提案した。

それを暴露されると、「そんなの言ってないよ」と照れていた。

好き、と思った。

 

ドル誌でお悩み相談を受けたときの謙太郎くんは、「僕たちはエネルギーであってすべてじゃない」と答えていた。

plan-j.hatenablog.com

大好き、と思った。

 

この間の少クラでフリップを使ってトークしたときの謙太郎くんは、仲間のフリップも当たり前のように手を出して回収した。

好きなんだよマジで!!!!!!と思った*5

 

全力の好きマジを届けるより少し前、彼のことが気になり始めたときあたしは彼の名前を検索した。(Googleは恋のはじまり)

彼は鎌倉学園という名門中高一貫校に通っていたが、仕事に専念したくて大学には進学しなかったと知った。

普通、この事実を知ったとき人は「逃げ」だと思うだろう。

あたしも最初は、思うようなところに行けないとか卒業できないとか、受験勉強大変だしとか、そういうネガティブな理由も多少あって、建前として仕事を選んだことにしたのかな、と思った。

別にそれでもよかった。

現に彼は仕事をしているときいつでも輝いている。

大卒アイドルじゃなくてもいい、あたしは謙太郎くんのことが好きだ。

肩書きに弱いあたしがそう思うほど、彼はあたしに好きマジの魔法をかけた。(どんな魔法やねん)

 

でもたぶん、それは違う。

本当のところはどうなのかわからない。

彼はそんな話をするつもりはないだろうから、きっとずっとわからないけれど。

彼はおそらく、大学に行かないという「選択をした」。

 

あたしは彼の名前を検索するだけでは飽き足らず、出身校の鎌倉学園の進学実績をHPで調べたのだ。

www.kamagaku.ac.jp

これは2013~2015年度の実績だが、おそらく鎌倉学園は毎年こうやって、誰もが知っているようなところをはじめとした数々の大学に生徒を進学させていることをあたしは知った。

あたしの行きたいところにも2015年度に37人合格している。

謙太郎くんの同級生もきっとみんな、有名大学進学を目指していたはずだ。

その中で1人、謙太郎くんは先生や親も説得して大学に「行かなかった」。

みんなも行くからとか、とりあえず行くとか、適当な気持ちで進学するほうがむしろ楽な状況で、自ら退路を断ち、その分仕事に全力を注ぐことを選んだ。

 

あたしの学校は、県内ではそこそこの中高一貫進学校と言われている。

ただ、田舎の高校によくある話らしいのだが、国公立大学への進学率が高いことを売りにしていて、私立はなんというか大学にカウントされない。

そんな高校に行くはめになる中学は受けなければいいのだが、家から通学するとなると中高一貫はそこしか選択肢がなかった。(【いなマジ】「田舎なんだよマジで」の略。)

あたしは、周りの友達がみんな学校の思惑どおりに国公立を目指すよう中学のときから仕向けられ、教師がみんなセンター試験を前提に受験の話をする中学高校で、たった1人で最初から私立文系のトップを目指している。

高3になってもセンター対策の数学の授業を取らなければいけないカリキュラムや、受験に必要ない理科系科目の模試を受けなければいけないシステムを、黙って受け入れて耐えるしかない。

完全アウェイで戦い続けるのは、思っていた以上に時間と気力を浪費する。

そんな状況で意志を貫くのは正直キツい。

自担の後輩になるという確固たる不純な動機がなければ、あたしはくじけていたかもしれない。

 

謙太郎くんと一緒にするのはおこがましいが、周りと別の道を選ぶのがどれほど大変か知っているから、あたしは鎌学のHPを見ながらキュンとした。

大学に行かなかった謙太郎くんかっこいいって思った。

迎合せずただマイペースに進む、あたしの好きな人だって思った。

これからもっと好きになる予感がした。(で、的中した)

 

あたしも負けたくない。

学校にも友達にも自分にも自担にも。

今年あたしは受験生になる。

自分のために、自分の力で、必ず合格通知を手にしてみせる。

ここで合格の報告が1年後にできるように。

がんばります!(語彙が突然ちびジュ以下)

 

 

P.S.

遅ればせながら明けましておめでとうございます!

カウコンでもう胸がいっぱいです!!!

夢の2ショットが5位で叶って泣いてたら、夢にも思わない2人で1つだった2ショットが復活して号泣しました。

無事年越しできて13月探さずにすみますね・・・!

今年もよろしくお願いします。

 

2016/1/9

赤字の部分加筆しました。

 

 

*1:しょさんと小山さん。あたしは日テレの回し者とかではない。

*2:中居しゃん。SMAPスケジュールの中でいつ読んでるんだろう?忙しくて本読めないとか言ってるそこのあたし見習おうぜ。

*3:聡ちゃん。志望校に合格してますように・・・!

*4:でもなんか逆にあたしが滑り止めで受けたいところとかだと気持ちが揺らぐからやめて・・・同い年応援するってこういうこと起こり得るよね・・・。

*5:ドラマ「黒服物語」に出演していたときには、顔と名前は知っている程度だった(後悔)。にしてもあのドラマイカレてて最高だったよね。めっちゃ佐々木さんのセリフ妹とモノマネした。