読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステージ前終身雇用

この胸押し寄せる愛を感じたなら歌おう

ジャニーズに恋する気持ちと一般人に恋する気持ちは何が違うのか

ジャニヲタ

あたしには今好きな人がいない。(一般人(宇宙人含む)で)

というかかれこれ2~3年ジャニーズ以外の男子にときめいていない。

 

あたしにその悩みを相談された友達は、

 

ア「理想が高すぎるんじゃない?」

イ「現実を見なよ」

ウ「へーそう」

エ「もう君以外愛せない」

 

の中から記号で答える。

 

でもあたしはジャニにリア恋なぞしておらぬ。(突然の時代劇)

だから原因は「ジャニーズに恋しているから」ではない。

 

時期的に嵐担から事務所担になっていった時からの症状なので、恋愛にベクトルが向かずにヲタ活に全力を注いだ、という意味で間接的な原因にはなっているかもしれない。

実際今あまり恋愛したいとは思わないし、周りの男子を注意深く見ていないから好きな人ができない、というのもあるだろう。

 

でも「自担=好きな人」だから、自担とそこらの男子を比べて好きな人ができない、というのは違うのだ。

この「好き」は一般人に対して「好き」と思う気持ちとは100%異なる。

 

では何が違うのか。

 

好きな人に対してあたしが抱いたことのある気持ちを並べてみた。

 

・隣にいたい

・手をつなぎたい

・デートしたい

・結婚したい

・キスしたい

・その後もしたい(ごめんなさい)

 

もう数年前のことで記憶はおぼろげだがこんなかんじだったように思う。

 

 

 

・・・全部自担と(なんなら自担じゃない人とも)したことある(in my brain)。

ごめんなさい(2回目)。

 

結局同じじゃねーかと言われそうだ。でも何かが絶対に違うのだ。

 

考えた。

考えすぎて勉強が手につかずに少クラをエンドレスリピートするほどだった。(通常営業)

そしてわかった。

 

 

気持ちをぶつける相手が、人間かATMかの違いだ。

 

 

普通の恋愛は、直接話したり、メールの返事が来るとか来ないとかを気にしたり、告白しようとしたりさせようとしたり、そんなかんじだろう。

ちなみにあたしは告白されたことがない(無駄情)。

(たぶんそれもジャニヲタ関係ないんだろう。友達によれば隙がなさすぎるらしいよ)

 

でもジャニーズは違う。

好きを伝える手段は1つ、金だ。

CDを買う、DVDを買う、写真やグッズを買う、FCに入る、現場に入る。

相手のことを考えずに気持ちを伝えてもいい、一方的な「好き」なのだ。

 

普通の恋愛は、相手の動きは読めないし、相手の気持ちや都合を考えなければいけないし、自分の好きな時に好きなだけ気持ちを伝えるなんてできない。

好きな時に画面の中で歌って踊ってもくれない。

 

ジャニーズは、好きな人に好きなだけお金を使える。

きっと一般人に全部ぶつけると重すぎて相手がつぶれてしまうような激重な愛を、平気で受け止め微笑んでくれる。

廉ちゃん並に重たいあたしの普通なら拒まれるほどの「好き」を嫌がるどころか欲してくれるし、「ファンのことが好き」と言うのが仕事であるアイドルは、決してあたしたちの「告白」を断ったりしない。125%OKが出る。

「1人1人の気持ちの大きさ、愛情の大きさが大きな糧だ」と自担もいつも言ってくれる。TimeコンのDVDを再生すれば。

 

SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- [DVD]

SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- [DVD]

 

 

結論にたどり着いたあたしは思った。

なんて素敵なんだろう。

 

こりゃ好きな人できるまで時間かかりそうだな。

みんなが好きな人からのメールを待ってドキドキする青春時代を、

あたしは好きな人の所属する事務所からのメールを待って過ごしているのだからしかたない。

 

あ、でも、ジャニと付き合えるなら付き合いたくないなんてことは決してないけれど、

告白されたら土下座で「お願いします」って言うけど(安心してください、告白なんてされませんよ)、

ジャニーズの彼女かジャニヲタかだったらジャニヲタの人生選びます。

 

それぐらい好きな人のうちわ胸の前に抱いてペンラ振るのは楽しい。

あとジャニヲタは頭の中で彼女にもなれるし、ね(反省ZERO)。

 

大学生になったら彼氏ができますように、というかまず好きな人ができますように。

ジャニヲタのあたしをわかって好きでいてくれて、「ジャニーズと俺どっちが大事なの?」とか言わない人なら誰でもいいです。(それが理想高いのか)

 

最後に、 

atnnnas.hatenablog.com

このシリーズが大好きです。