ステージ前終身雇用

この胸押し寄せる愛を感じたなら歌おう

一緒にテスト勉強したいジャニーズ10選

 

みんな、イケメンと一緒にテスト勉強してる~?

わたしはしたことないゾ☆(つらい)

 

ずいぶん前から書きたい書きます言ってた気がしたこのテーマ、2ヶ月以上経ってました。

 

 

光陰矢の如し…言い出したときまだキンプリツアー中なのにもう来月映像化じゃん!!記念すべきファーストコン映像のご購入はコチラ↓

 

 

きっとこんなお題を送ってくださってるのは未成年の方だと思うので、心は高校生に戻って健全にお送りしますね!のりふまレコメンぐらい健全に!(ダメじゃん)

 

10位 諸星翔希

 

高校でいちばん仲良しの男友達。周りにはよく「付き合ってんの?」と聞かれるけど、「諸星と!?んなわけないじゃん!」とつい意地を張り続けてしまった結果、ホントは好きなのに言い出せなくなったよね。2人でマクドナルドで勉強したい。

 

「あのさ、テスト終わったら俺とイルミネーション見に行ってくれない?」

「え~やだよ!クラスの友達とかに見られたらまた誤解されるし」

「俺は別に、誤解されてもいい」

「なに意味わかんないこと言ってんの、やだって」

「…じゃあ誤解じゃなくすればいい?友達じゃなくて、俺の彼女として行ってくれませんか?

 

後日やっぱり友達に手つないで歩いてるの目撃されて冷やかされました。(ました)

 

 

9位 室龍太

 

隣の席のヤンキーに「なあ〇〇さん(名字)、こないだのコミュニケーション英語97点やったってホンマ?俺に英語教えてほしいねんけど」と言われて、放課後に教室で勉強することになる。

 

「帰りにお礼させてや、なんか食べたいもんある?」

「(ヤンキーと2人きりはちょっとな…めちゃめちゃかわいいお店なら諦めてくれるかも)駅前にできたカフェのピンクのカップケーキ食べてみたい」

「あのめっちゃメルヘンな店か…さすがに俺キツいな…」

やっぱり、と思いながら駅まで一緒に帰ることに。

「室くんどこ行くん?駅の階段こっちやけど」

「いや…言うてたカフェあっちやろ?〇〇さん意外とかわいいもん好きなんや」

 

耳まで赤くしながら一緒に入ってごちそうしてくれるから…惚れてまうやろ!!!

 

 

8位 橋本涼

 

学年イチ爆モテの涼は幼稚園の頃からの幼なじみ。隣のクラスから昼休みにわたしのところにやって来ては女子たちをざわつかせる。

 

「〇〇、今日ウチ来いよ!明日のテス勉しようぜ」

「涼、明日テストだって知ってたんだ…!」

「そのぐらい知ってるわ(笑)じゃ、帰り正門のとこで」

日直の仕事で遅れて正門に向かうと、他校の上級生に逆ナンされてたから思わず石碑に隠れて見守る。

「いや~ごめんなさい無理っすね、俺今好きなコと待ち合わせてるんで

 

今のって、ナンパを断る口実だよね…?どんな顔して出ていけばいいの…

 

 

7位 山本亮

 

図書館で勉強してたら、いつも赤点で補習常連の山本くん(学ランの前全部開けで色柄モノのベルトに腰パン)が突然目の前の席に座って身を乗り出して「次この問題!!!」と教科書を差し出してくる。

 

「いやそこ1年の1学期とかにやったとこだから…あとここは静かに勉強する人のための場所だから邪魔しないで」

「おれだって勉強しに来たし!!!」

「お願いだから大声出さないでっ」

「(ささやき声で)パンツ見えてるよ」

ええっっ!?!?…見えてないじゃん」

「(裏声で)大声出さないでっ」

「わかったから、山本くんの言う問題やるから、だからおとなしくして」

「おっけーわかった!!!〇〇ちゃんおもしろっ」

 

完全からかわれてるのに、いきなりちゃん付けだし顔近いし反則…っ!

 

 

6位 髙橋海人

 

圧倒的中原くん感。でも思うに西野も、サッカー部であれだけスタイルいいイケメンで適度にチャラくて軽薄でスポーツ全部サラッとできてズル賢くて、えっ恋じゃん…?

今回は付き合い始めて2ヶ月の本人役です。(役とは)帰りに家まで送ってくれたついでに部屋に上がってもらって勉強する。

 

「海人くん~ここわかんない」

「どれ?あ~これはね、さっきの(1)で出した答えを使ってこのnを求めて…」

「ほんとだ、できた!これでもう絶対忘れない!」

「これから、この問題解くたんびにオレのこと思い出してね?

 

海人サマ…解法は忘れてもあなたのことは忘れません…

 

 

5位 安井謙太郎

 

そろそろただの付き合いたいランキングになってきた気がするけどまあ行きましょう。モロとはマクドだったけど、安井さんとはミスドで勉強。(独断と偏見)

 

「テスト終わったらさ、2人でどっか行かね?」

「行きたい!温泉かディズニー行きたい」

「振り幅!(笑)じゃあ温泉にしよっか、日帰りでよさそうなとこ俺探しとくから」

「え、1泊がいいな…お母さんこの前お泊まりしてもいいって言ってくれたし」

「いや親父さんがダメっしょ!(急に真剣な顔で)ってか…俺の理性がもたない」

 

理性ぶち壊して~~~!!!健全に!お送りします!

 

 

4位 髙橋優斗

 

永遠のリア恋DK代表選手ゆうぴももう10代ラストに突入って、時の流れがまじでのぞみ号じゃん…(はやいもの=のぞみ号という安直さ)おめでとう!

クラスでは1.5軍ぐらいでいじられキャラの人気者な髙橋のこと好きだって言うと、周りに「え、髙橋?(笑)」って反応されそうだから黙ってるだけで、わりと何人もがただの友達のフリして髙橋のことが好きなはず。そのうちの1人になりたい。

 

「髙橋おはよ~今日さ、5限目の英単語小テストの点数で勝負しよっ」

「えっ待って、今日の範囲どこだっけ」

「まずそこから?11ページのNo.15までだよ」

「そんなに広いの?終わった…もう俺に勝ち目ないじゃん!逆に寝るわ」

「まだ今からやったら間に合うって!昼休みもあるし」

「〇〇(名字)ってさ、いっつも前向きでがんばり屋だよね、そゆとこすごいわ」

 

急に真面目に褒めないでよ…ってもう寝てるんかい!!

 

 

3位 佐藤勝利

 

顔面人間国宝と付き合って、一緒に日本の国宝とか覚えたらはかどるかなって。やったことないけど。(当たり前)

今日は親いないからうちで勉強しよ、って伏し目がちに言われたい。健全警察が発動する案件。

 

「ねえ勝利~音楽かけていい?」

ビートルズならいいよ、そこに置いてあるやつ」

ビートルズにしたら勝利歌っちゃうから集中できないもん」

「俺はもともと集中できてないし」

「え、なんで?」

「そりゃ、好きな人が目の前にいたら集中できないでしょ…」

 

もうこの日は集中できません!!!!!

 

 

2位 永瀬廉

 

大学のサークル同期でもいいけど、やっぱりDKが諦めきれない。学園ラブコメ主演のお仕事の依頼はジャニーズ事務所まで。(リンクしてるかと思いきやしてない詐欺)(と思いきやはてな側で勝手にキーワードリンクさせてくれた)

中学の卒業式で告白されて付き合って、隣どうしの高校に通ってるけど、廉の部活が休みの水曜日の放課後にいつも駅前の公園で待ち合わせる。

 

「なあ聞いて!顧問が俺らの学年の英語持ってんねんけど、今度の期末で英語70点取れへんかったサッカー部は校庭10周とか言い出してさ!ひどない?」

「それはやばいな、でも廉けっこう英語得意やん?長妻くんとかは大変そうやけど」

「あれ、なんでながつが高校ではサッカー部入ったって知ってんの?」

「こないだ廉が試合勝ったってインスタ載せてたときおったやん?」

「それでか!今も連絡してるんか思って…俺、こう見えてもわりと自信ないし、〇〇が高校で他の男に取られたりせんかなって不安やねん。〇〇が俺のいちばんやし、俺が〇〇のいちばんでありたい

 

やっぱり君が、ナンバーワン(号泣)

 

 

1位 菊池風磨

 

2位でキミアトラクション歌っといてからのナンバーワンはこっちかいっていう。

高1で付き合い始めてから菊池家のみんなと仲良くなって、放課後に家にお邪魔して夜ごはんもごちそうになるようになって2年あまり。

風磨の部屋で勉強しながら、やっぱり近づく受験の話になる。

 

「やっぱり、大学は離ればなれになっちゃうのかな」

「そりゃまあ、俺と志望校も行きたい学部も違うんだしさ」

「なんかさみしい…一緒のとこに行けたらいいのに」

「俺は別にいいけど、各々が合格すりゃそれで」

「なんでよ、なかなか会えなくなっちゃうんだよ?」

「だってそんなん、お前が会いたいってひとこと言えば俺はいつだってどこにだってすっ飛んでくに決まってんだから」

 

会いたいよ~~~きみ~に~会いたいよ~~~~~(すぐ歌い出すのやめれる?)

 

 

他にもジャニーズと勉強した方がいましたら、ぜひ読んでみたいのでコメントかこの記事の引用で教えてください!

 

 

Love-tune Live 2018がない

 

1年前の今日、Love-tune Live 2017がZepp Divercity Tokyoで始まった。

ド平日3daysにもかかわらず、2400人あまりというキャパの会場でのコンサートチケットは激戦。メンバーのこだわりが詰まったグッズにも何百人という長蛇の列ができ、3日間とも売り切れ。

 

すごかった。ジャニーズがバンドの聖地ともいえるZeppに立てることも、まだCDデビューしていないジャニーズJr.のユニットが単独ライブをできることも。

でも、いちばんすごかったのは、Love-tuneだった。

Love-tuneが全身全霊をぶち込んで創り上げた、あの日の空間だった。

 

オーラスのあの日、1日2回できないほど魂を込めて演るオリジナル曲「CALL」の禁断の2回目をWアンコでやってしまって、ああもうこれでやり尽くした、終わってしまった、と2400人は悟った。

それでも、メンバーがはけてしまったステージを見つめたまま、全員が呆然と立ちつくして動けなかった。

帰りたくない。終わらせたくない。この時間が永遠に続いてほしい。

あんなオーラスは後にも先にもない。あれはLove-tuneにしか創れない。ずっと山場で、ひと息もつかせなくて、会場のみんなが拳を突き上げてて、凄まじい迫力で楽器を演奏し歌い上げて、かと思えば王道ジャニーズなパフォーマンスも満載で、楽しくて楽しくてたまらなくて。

最後の挨拶で安井さんは、「またね、このチャンスが次いつあるかわからないけど、僕らは絶対に諦めないし、絶対次のステップに行ってやろうって、超えてやろうって」と言った。

 

諦めたくないよ。次のステップに行くLove-tuneを見たいよ。もう一度、7人とらぶ担の「愛と音」でLove-tune Liveを創りたいよ。

 

どうすればいいのかわからない。メンバーの中で3人だけが無所属Jr.扱いで載る雑誌でも、安井さんだけが毎週出るレギュラーのラジオでも、「Love-tune」という単語すら出しちゃいけないこの状況。何をどこに言ったって、ファンがどうあがいたって、このまま7人での仕事が一生もらえなかったらそれで終わりだ。

 

このままLove-tuneは鮮烈な花火のように、一瞬のまぶしい閃光を燃え上がらせて散らなければならないのだろうか。静かな絶望が夜の凪いだ海の波のように押し寄せる。

 

他のユニットがやってるYouTubeが、少クラが、夏のコンサートが、舞台出演が、バックとしてツアーを回ることが、雑誌に全員で載せてもらえることが、Love-tuneにはなくたって平気だと思ってきた。強がりでもいいから平気だと思い込み続けた。

でも、らじらーで毎週あんなに嬉々として声をはずませて「Love-tuneが」「メンバーが」と話していた安井さんが、ついにその大切なユニット名を出さなかった。他でもない、初めてのオリジナル曲であり代表曲である「CALL」の話だったのに。

そのことはわたしに、今Love-tuneは風前の灯火なんだと、その火を消そうとする風はきっと事務所なんだと、ようやくそう認めさせるには十分すぎる力を持っていた。

 

Jr.情報局にログインすれば、今もLove-tuneのプロフィールページと過去の局動画が残っている。あの日のZeppで歌い踊り笑い泣いたLove-tuneだっていつでも見れる。

それは裏を返せば、明日そのページが削除されてしまえば、もうLove-tuneは公式には跡形もなく消し去られるということだ。

 

最近のわたしは最低だ。かつて同じような立ち位置でやっていた他のJr.ユニットを見ると羨んでしまう。このままじゃ、大好きなジャニーズJr.のみんなの活躍を喜べないで嫉妬して、過去にすがりついてLove-tuneのメンバーの前途を閉ざす、醜いヲタクになってしまう。

こんなこと言いたくないけれど、もしもLove-tuneがこのままなくなって、7人はバラバラにそれぞれの場所で新たな一歩を踏み出したとして、わたしはそれを前向きに見守る自信がない。

きっと見るたびLove-tuneのことを思い出して悲しくなってしまうし、Love-tuneのことが大好きすぎて、新しい場所でがんばる彼らをLove-tuneの彼らよりも好きになることができるかわからない。

 

Jr.担はとても楽しい。今しかないからこその儚さが、誰にも負けないようにともがく必死さが、ひとつ仕事が決まるたびにこみ上げる喜びが、イチから一緒に作っていく物語が、唯一無二で刺激的な最高の娯楽だ。

そう、ジャニヲタは娯楽。ただの趣味。だから、こんなに苦しくてつらくて何も見たくなくなるのならJr.担はやめるべきだ。

大好きなのに。安井さんが、Love-tuneのメンバーが、大好きなのに。何より、安井さんが大切にしている初めてのユニットLove-tuneが、大好きでしかたないのに。まだ好きでいさせてほしいよ。

 

Love-tuneに会いたいなあ。でもそのためにできることが、もう見つからないんだよ。どうしたらいいの。どうすればまた「俺たちとみ"ん"な"でっせーの"っ」\Love-tune~!/って言えるの。

 

わからないまま、わたしはきっとJr.担をやめられない。

 

翔潤とふまけんについての考察 ~嵐とSexy Zoneの両輪~

 

はじまりは、1件のお題箱だった。

 

このお題で先日、こちらのブログを教えてもらった。

kinkitan.hatenablog.jp

 

翔潤とふまけんの共通点や相違点も書いてみてほしいというお題にうずくブログ欲。翌朝突然凍結したTwitterアカウント。解除申請に費やした先週の日曜。夕方に復活したあと届いた「ご利用のアカウントはルール違反してなかったから解除したよ!ごめんごめん」という内容のメール。

何間違えて凍結させてくれてんねんゴルァ。

話がそれてしまった。Twit○er社への怒りはこのへんにして、さっそく本題いってみよ~☆(二重人格か)

 

目次

 

 

翔潤って?

 

嵐の櫻井翔くん(1982年1月25日生まれ、1995年10月22日入所)、松本潤くん(1983年8月30日生まれ、1996年5月17日入所)のコンビ。

2歳違いの嵐の次男と末っ子。顔がすごいかっこいい。(他に言うことあるだろ)

 

ふまけんって?

 

Sexy Zone中島健人くん(1994年3月13日生まれ、2008年4月20日入所)、菊池風磨くん(1995年3月7日生まれ、2008年4月27日入所)のコンビ。

グループでは年上組。顔がめちゃくちゃかっこいい。(みんな知ってる)

 

翔とふまの共通点

 

翔さんと風磨さん、言わずと知れた(?)アニキと舎弟コンビ・さくふまだが、わたしの尊先(とは)のこの2人ま~~~あ似てる!

顔が丸い・色が白い・脚が長いといった見た目もさることながら、風磨さんが強火櫻井担で憧れてるというのもあってか見た目以外もめっちゃ近い。

 

慶應を4年間で卒業

なんといってもさくふまを語るのに欠かせないコンテンツがこれ。翔さんは経済学部、風磨さんは総合政策学部をきっちり4年で卒業。大学を留年せず卒業するのは当たり前だと思われるかもしれないけど、これ本当にすごい。

友達のうち誰かは留年するような入学後も厳しい大学に、仕事をしながら通ってきちんと単位を取る。経済学部は必修の単位取得に苦労する人が続出することで有名だし、総合政策学部SFCキャンパス(わりと僻地)で通うのが大変。すごい根性だと思うし、2人がやり遂げた理由も似てる。

翔さんは、内部進学の際にあえて「比較的ラク」な学部ではなく経済学部を選ぶことで、誰にも文句を言わせたくなかった。

風磨さんは、「ジャニーズだから入れた」なんてひがむ人たちを見返したくて、4年間で卒業してやろうと思った。

つまり、2人とも「なにくそ!今に見てろ」の反骨精神を原動力に決断していて、しかもそれを本当に実現しちゃう、めちゃめちゃかっこいい人格者なのだ。

 

・かわいい見た目と裏腹に…

どちらもキュートな顔してるけど、骨太で硬派なザ・男感がすごい。

さわやかできっちりしてそうなイメージを持たれがちな翔さんの部屋は黒基調で、実家にいたときは足の踏み場もないほど散らかっていた。番組の企画ではサンドイッチ作りに苦戦してたし、某嵐のリーダーによると彼はたこときゅうりを包丁で一口サイズに切るように言っても「できない」と言うらしい。

風磨さんも古風なところが多くて、妹が髪を切ると失恋したかと思っちゃうし、理想の女の子のタイプは「家族や友達に紹介できる常識のある子」と結婚を前提にしてそうだし、当然女の子にはおごる(楽しい時間を過ごさせてくれたお礼)。

あと翔さんは若いとき、風磨さんは現在進行形で、中身は真面目なのに見た目だけチャラい。風磨さんも30歳を過ぎたら髪色とか冒険しなくなっちゃうのかなと思うと、ちょっぴりさみしい気もするな…。

 

・文体やリリック

Jwebにせっかく月額324円払ってるみなさんは、翔さんの連載「オトノハ」と風磨さんの連載「刹那ルツブヤキ」を読んでみてほしい。文体めちゃめちゃ似てるでしょ!?

日本語にけっこう厳しいのもこの2人。翔さんは「私は」を「私わ」と書く人が、風磨さんは「笑」を「w」と書く人が苦手。

また、翔さんは2002年から嵐曲のラップ部分の作詞を手掛け、それを聴いて育った風磨さんもラップを含めた自身の楽曲の作詞をしている。風磨さんのラップの言葉選びや韻を踏む場所と形は、意識的にか無意識なのかサクライズムを継承しまくっていると感じる。

個人的には特に風磨さんソロ曲「But…」(作詞:菊池風磨)のこちらの箇所がドンピシャ。

 

交錯する想いの中で
kousakusuruomoinona-kade

捜索する気持ちもどこかで
sousakusurukimotimodo-kade

一挙手一投足 拘束
i-kyosyui-tousokukousoku

なんてどうかしてるのは確かで…
nantedoukasiterunowatasikade

 

もはやこれは翔さんのリリックだと言われても信じちゃうレベル。(?)

健人さんの書いたラップを聴けば、韻を踏む場所や踏み方が人によって全然違うのにさくふまは似ているんだということがわかる。ふまけんのラップ両方聴けて、ふまけん2人の曲も収録されているアルバムはこちら↓(急にポニキャの回し者人格が出る) 

Welcome to Sexy Zone(通常盤)(CD only)

Welcome to Sexy Zone(通常盤)(CD only)

 

 

潤とけんの共通点

 

この2人も顔が濃くはっきりしていて目力があり、鼻筋や輪郭がシャープで、全体的に精悍な顔立ちという印象が似ている。お潤と健人さんの中身はというと…。

 

・プリティー天使

パブリックイメージでは2人ともクールでかっこいいっていうかんじなのかもしれないけど、まず嵐担の共通認識としては松本潤=天使。キュートな笑顔も、メンバーのことをうれしそうに話すときも、たまに駄々っ子みたいになるところも、なんかもうとりあえず天使なんだコンサートDVDとか見てくれ!(雑)

健人さんも負けじと天使。自分以外のメンバー4人の打ち上げの場で、みんなでごはんに行く話が出たと知ると、はぶかれたと思ってさみしがる。巷でスーパーふまけんタイムと呼ばれる、ふまけんだけが2人の世界で楽しそうにうふふあははしてるボーナスタイムがたまに発動するときも、目尻からとろけそうな嬉々とした表情をしてる。

 

・できるまでとことん

2人とも真面目で物事は深く追求するタイプ、かつ負けず嫌いで慎重派な一面もある。どうせやるなら完璧を目指したい、ストイックな性格の持ち主だ。

嵐のコンサート演出を手掛けるお潤は、細かい照明や曲のつなぎのコンマ何秒などあらゆる部分にこだわり、本番が終わると夜を徹する勢いでスタッフと打ち合わせる。コンサートで披露するパルクールのために数ヶ月かけて準備したことも。

一方健人さんも、アンドロイドとして1000年先から我々を守りに来るというソロコンの設定に合わせ、上半身が逆三角形になり腕に血管が浮き出るほどの肉体改造をしていた。あとワキ毛も処理してた(小声)(お願いだから毛を大切にして)

スター性があってなんでもできそうに見えるだろうけど、実はわりと不器用でできるまでにコツコツ練習するのがこの2人。

 

翔潤とふまけんの共通点 

 

それぞれが似てるからコンビとしても共通点が多くなるということもあるが、2人の関係性やコンビとしての性質にも類似してる部分はたくさんある。

 

・入所日が近い

ふまけんの入所日は1週間違いで、これは菊池家のFAXが壊れていたせいで風磨さんがオーディション受けるのが遅れたため。ふまけんほどではないが翔潤も嵐の中では2番目と3番目に入所している。

 

・身長差が2cm

これはわりと重大な案件。お潤は173cmで翔さんは171cm(2005年発売の公式本「アラシゴト」より)、風磨さんは178cmで健人さんは176cm(Myojo2018年4月号より)。

お気づきだろうか。それぞれ年下のほうの身長が2cm高いということに。年齢は下だけど背は若干高いの超よくない!?

 

・身体の成長がシンクロ

現在の身長差が少ないのもそうだけど、成長していく過程でもシンクロしてる彼ら。

翔潤は中学生ごろまで身長が低くて(150cm前半)、そこからどんどん伸びてデビューごろにはほぼ同じような身長に。ふまけんもどちらかが遅れをとることもなく、ずっと身長差があまりできなかったからこそずっとシンメでいられたのかも。

あと、もともとは華奢だったのに身体を鍛え出してがっしりし始める時期まで近いから体格もずっと似てる。

 

・グループのブレイン

彼らはグループの中で頭脳派なところも共通してる。学歴の面でも慶應コンビに加えて健人さんも明治学院大卒だし、お潤も勉強は得意だったようで高校時代の数学のテストでは100点を取るほど。勉強だけでなく、さまざまな場面における頭の回転の早さやトークの進め方、バラエティやステージ上での立ち回りなども、賢いな、頭いいなとよく感じる。

 

・ジャニーズっぽさ

お潤と健人さんが王道ジャニーズキャラだとすれば、翔さんと風磨さんは「いかにジャニーズっぽくないか」を追い求めているタイプ。アウトロー前人未到の地を模索すると同時に、すぐ近くにいて輝きを放つ自分と正反対のアイドルとは逆を行こうという意識も働くのかもしれない。

 

翔潤とふまけんの相違点

 

もちろん別のグループにいる2人なので相違点だらけではあるが、特筆したいものだけ触れておく。

 

・シンメかどうか

ここでの「シンメ」が単に曲中に対称の位置にいることではなく、ジャニーズにおける運命共同体の2人組であると定義すると、ふまけんが互いに最初で最後のシンメであるのに対して、嵐にはセンターやシンメの概念がないため翔潤はシンメとは呼べない。ただ翔潤の「Come Back」さえ見てもらえれば2人はもうほぼシンメである。

こちらの通常盤はオーラスのWアンコが特典として収録されていて、さっき雑に見ろって言った天使潤もこの映像の羽根生えてる感で味わえるのでぜひ↓(ポニキャからJSに転職した)

 

・Jr.時代の所属

ふまけんはJr.時代から同じユニットで活動し、デビューも2人は同じグループになって、所属がずっと一緒。一方翔潤のJr.時代は、翔さんが主に翼翔組で、お潤はにのあいややまとま、タッキーやかざぽんといったひとつ下の世代のくくりでよく活動していたというかんじで、嵐になってから同じ所属になったところが違う。

 

・歌声

翔潤の歌声はあまり似ていない。翔さんは固めの声質でミュージカルっぽい歌い方、お潤の声はやわらかくザ・ジャニーズな歌唱。ではふまけんはどうかというと、たまに声が聞き分けられなくなるほど似ているという神秘的な現象が起こる。

普段の歌い方は健人さんがまっすぐでのびやかな正攻法、風磨さんが色っぽく緩急がついたクセのある歌唱法という正反対っぷりなのに、ふとした瞬間どっちがどっちだかわからなくなる。健人さんのソロ曲の音程を下げると風磨さんにしか聞こえなくなるというマジックまで発生するのである。

声まで似るとかあるかな普通…奇跡か??(そうだよ)

 

 

超独断と偏見でお送りした翔潤×ふまけん、2組について最後にもうひとつだけ言うとすれば「グループの両輪」というところ。2人がある種対極の位置にいて、それぞれが新規顧客獲得の入口になることも多く、違った形でのエース的存在としてグループという車を走らせる両輪、という意味であり、どちらかが欠けてはグループは前に進めない。

そしてもちろん、車はタイヤだけでは走れない。エンジンを入れ、アクセルとブレーキを踏み分け、ハンドルを切る必要がある。それはそのまま嵐とSexy Zoneにおける他のメンバーの役割のこと。

 

ずっと5人で活動し続けるのは当たり前のことじゃない。これからも、どちらのグループも誰一人欠けずに、完全マイウェイEverybody前進していってね!(突然ルー大柴出てきたかと思った)

 

☆お知らせ☆

2018年11月3日(土)まで永瀬廉くんに関するアンケートを実施しています。結果はこのブログで発表する予定なので、もしよければご協力お願いします!

 

ホストになってほしいジャニーズ10選

 

いつも思うけど、ジャニーズのみなさんジャニーズになってくれてまじでありがとうでしかなくない?(唐突)

あんな顔面で生まれたら、プライベートまで制限されて、ツアーやドラマや取材やレコーディングやなんやかんやで忙しくて、それでもいつも大変な顔せずに夢や希望をみんなに与える存在になんかならずに、女遊びしまくって貢がせて生きていけるもん。ヒモとかホストとか、なろうと思えばなれる。

でも貢ぐこちら側からしたら、「ジャニーズヲタク」「ヒモを飼ってる女」「ホスト狂い」だったら絶対ジャニヲタがいちばん市民権を得ているはず。お金をつぎ込むのは同じでも、世間体の問題として。

だからジャニーズになってくれた彼らに感謝の気持ちを込めて、「ホストになってほしいジャニーズ」をテーマにしようと思いました!(支離滅裂な思考・発言)

 

先日お題箱で「ジャニーズ10選シリーズ好きです」って言ってもらって、ちょっと前にお友達とDMでお話してるとき書きたいと思ったのを思い出しました。こんなキモキモ妄想ブログを読んでくださりありがとうございます…!

 

※未成年のジャニーズは成人して合法飲酒になってからっていう設定。(ホストがそもそも設定やん)(ホストクラブ行ったことないのでその設定すらよくわかってない)

 

 

10位 藤井流星

 

ジャニーズでいちばんホスト顔だから。(褒めてる)源氏名*1もそのままでいけそうなレベルだけど、星也(セイヤ)にしよ。

ちょいちょい見せる天然な一面も計算のうち。みんなで話してたのに、ふいに真剣な顔で自分だけをじっと見つめられたりする。

「星也、どうしたの…?」

「いや、なんかはじめて会うた気がせえへんなあって」

「うそ~?こんなかっこいい知り合いいないよ」

「運命ってことかもしれんな?(微笑)」

ウッそうかもしれんわ…誰にでも言ってそうだけどそれでもいい…

 

 

9位 山田涼介

 

ホストになってほしいというより、あの顔面でホストっぽい服を着てほしい。(それコスプレ)源氏名は涼介→リョウ→リュウ→龍。

「いつもありがとうございます、○○ちゃんのおかげで先月ナンバーワンになれたんだ」

「まあね~って冗談、龍くんががんばったからだよ」

「俺さ、ずっとナンバーワンになるのが夢だったんだ。(正面に向き直って)叶えてくれた○○は、俺の特別な存在だよ」

名前…はじめて呼び捨てにしたジャン…じゃんぴんとぅまいどりーむ…

 

 

8位 藤ヶ谷太輔

 

あれだけマイコの好きって言ってたもの覚えてられる*2から、お客さんそれぞれと話した細かいことも覚えてるはず。

「○○、ジ○スチュアート好きって言ってたじゃん」

「え、覚えててくれたの?」

「○○がどんなもの好きなのか気になるから」

「え~♡それで、それがどうしたの?」

「実はうちの店ちょっとしたコネがあって、新作発表会のペア招待状手に入れたんだよね。○○と行きたかったからさ」

「一緒に行ってくれるの…?」

「○○のためのだもん。○○のこの日を俺にくれない?」

たまたま社長にもらったやつで、その日店に同伴*3してもらうための作戦だったなんて気づかない。それが藤ヶ谷ゾーン。

 

 

7位 二宮和也

 

金のことばっかり考えてる人たらし(言い方)だからめっちゃ向いてると思う。

「ねぇ○○ちゃんさ、俺がナンバーワンになれたら喜んでくれる?」

「もちろん、当たり前じゃん!」

「いや~今月あとボトル一本でいけるかもしれないんだよね」

「そうなんだ…でもさっきもちょっと高めのやつ頼んじゃったから…」

「俺、○○ちゃんの喜ぶ顔見たいんだよ。あと一本入れてくれたら、今夜アフター行きたいな~なんて」

「待ってて、ATM行ってくる」

ナンバーワンになって喜ぶ自分の顔は自分の金で買っ…いやなんでもない。

 

 

6位 高橋恭平

 

今回の最年少。ちょっとアホだけどイケメンで、母性本能くすぐる怜(レイ)くん。

「おれあんま強くないからもう飲まれへん~」

「大丈夫、わたしが全部飲んであげるから」

「○○ちゃんのそういうかっこいいところ、好きやわ」

「え、じゃああと一本いっちゃおうかな」

「うれしいけど無理せんといてな、また明日でもええんやし(手を握りながら)」

明日もまんまと来ちゃうよね~!結局そのほうがボトルの本数多くなるよね~!!

 

 

5位 安井謙太郎

 

黒服物語からホスト物語へ。(違)ナイツはほぼホスト。(違うしそれはBAD BOYS J)ちなみに彼にとって終電を逃した女子をちゃんと帰すのはとても大変なことらしい。

「○○髪染めた?(髪に指をかけてなぞりながら)すごい似合っててかわいい」

「ほんと?うれしい」

「俺ほんとにかわいいって思わなかったら言わないから!それはそうと、明日って仕事?」

「明日は遅番で午後から仕事だけど、どうして?」

「朝まで一緒にいたくなっちゃったんだけど…今晩、ダメかな」

ダメじゃないに決まってるだろぉ!!!!!!!

 

 

4位 中島健人

 

黒服物語からホスト物語へ。(2回目)真面目でマメで頭の回転早くて、今はその能力をアイドルとして発揮してるけど、ホストになるとしても全力でやって結果を出しそう。

「はじめまして、輝斗(キラト)です!指名してくれたお姫様は必ず幸せにするから」

「お姫様なんてそんな、わたしなんかが…」

「そんなこと言わないで、この5本の赤い薔薇を受け取って」

「なんで突然花束を?」

「赤い薔薇の花言葉は『美』、そして5本の薔薇は『あなたに出会えてよかった』という意味なんです。美しい僕のお姫様に出会えて、本当にうれしい」

ケンティーーー!!!(本名言ってるじゃん)

 

 

3位 田中樹

 

SHINDOIブランド代表取締役のジュリタナカさん。(嘘)だって遅れて行った同窓会で盛り上がってる輪に入る&注目してもらうために、そのへんのドリンク次々と飲み干したんでしょ…(実話)源氏名は樹→樹海→海(カイ)。友達に連れてこられたおとなしめの女子が得意分野。

「へえ~本読むの好きなんだ!俺もこんなだけど意外と読書する*4よ、好きな作家さんとかいる?」

吉本ばななとか…」

「聞いたことある、今度読んでみるわ」

「海くんが吉本ばななの本開いてたらギャップすごいかも」

「…○○ちゃんの心も開きたいんだよね」

ほんとに読んでくれるから感想聞くためにまた行っちゃう。おとなしめ女子はハマるとやばいぞ…知らんけど…

 

 

2位 永瀬廉

 

見て!?今回廉ちゃん1位じゃないよ!!(だから何)名前が完璧すぎて源氏名が超えてくれないので「REN」にするしかない。

ネイビーに白ストライプのスーツ、ヒョウ柄シャツに深い赤の細ネクタイで、髪は巻いて片側耳かけ。(急にビジュアル指定し始めた)

「どうしたん?今日なんか元気ないよ」

「べ、別になんもないよ!」

「どうせ仕事でミスした~とかやろ?ほら図星、○○わかりやすいから。そんなん気にすんなって」

「関係ないじゃん、ほら飲も飲も」

「(グラスに伸ばした手をつかんで)関係あるよ!○○には笑っててほしいもん。そんで、その笑顔の理由が俺やったらもっとうれしい(ニコッ)」

顔かっこいいいい~~~っ!!!(脳内の顔)(ドンペリ入りまぁす)

 

 

1位 阿部顕嵐

 

もはや顕嵐ちゃんのためのテーマと言ってもいい。顔だけで~?\いいのよ~!/

光沢のあるライトグレーのスーツに黒のシャツ、白のネクタイでキララヘア。アランももはや源氏名だけど(?)、嵐(アラシ)でも名前負けしないな。

「嵐くんはどんな女の子がタイプなの~?」

「え~?今日黒いワンピース着てる子かな」

「それあたしのことじゃん~(笑)真面目に聞いてるのに」

「俺も真面目に答えてるよ、好きになった子がタイプだから」

「そんなこと言われたら、本気にしちゃうよ?」

「して?俺、ナンバーワン取れたら転職しようと思ってる。○○ちゃんのこと、マジで好きだから」

今夜はシャンパンタワーじゃああぁぁ!!!!!

 

 

ジャニーズのみなさん…本当にジャニーズの人生を選んでくれて、わたしをジャニヲタでいさせてくれて、どうもSexy Thank You!

 

他の方のホストジャニーズもぜひ読んでみたいので、もし同じテーマで書いてくださる方がいればコメントか記事引用で教えてください!

 

 

*1:ホストは本名じゃなくかっこいい源氏名をつけるって「チュベローズで待ってる」で学んだ。

*2:キスブサでよく「マイコ、○○好きじゃん?」と言ってくる。

*3:店に出勤する前にホストと客が会って、そのまま一緒に店に来てもらう。

*4:これも実話らしいけど好きな作家までは知らない。

King & Princeになるまでの永瀬廉くんを懐古する旅

 

King & Princeが、廉ちゃんがデビューしてから、わたしはやっと昔を振り返ることができるようになった気がする。

Jr.時代は、少しでも後ろを見たらその瞬間前に進めなくなりそうで、今をいちばん好きでいたくて、怖くて目をつぶりながら走ってた気がする。

ゴールテープを切って、また新たなスタートラインに立って、ようやくそっと目を開けた。もう大丈夫だと思えた。

そうしたら、今まで走ってきた道を、見えなくなりかけている後ろのほうまで、振り返ってみたくなった。

 

とかなんとか言ってみたけど、要するにデビューしたら懐古したくなって、1日家にいる日ができたから持ってる雑誌引っ張り出してきて、中でも個人的に好きなテキスト選抜しましたって話です!(読んでるうちにエモが1人で抱えきれなくなってきて、ツイートしたら膨大な量になるからブログにした。史上最大の自分用ブログ。)

 

西畑「(中略)廉が、ボクと紫耀と、どっちとほんとに仲良しなのか!」

(中略)

永瀬「でもホントに、均等に好きなんやって。平等の愛やねんて!」

(中略)

永瀬「じゃあ逆にふたりはどうなん。オレのことは好きなん!?」

西畑「大好きよ!そら大好きよ!」

平野「オレが一番好きなのは、大西流星!」

永瀬「まさかの、ボクが決める前に振られるってやつ…!?」

(中略)

平野「まあ、オレにとって永瀬さんはね」

(中略)

平野「一緒にいて、兄弟というか。マイブラザー?」

永瀬「マイブラザー?」

平野「そんな感じ。一緒にいて落ちつくというか」

(中略)

西畑「廉は『一番仲がいいジュニア 西畑大吾』って雑誌とかに書いてるわけですよ。でね、プライベートになると、どっから見ても紫耀と仲いいやん」

永瀬「……(真っ赤)」

西畑「紫耀にずっとくっついてる!どんだけ好きやねん、紫耀のこと!」

(中略)

平野「(中略)廉は大ちゃんにもけっこういってない?」

西畑「ちゃうねん、オレのときはめっちゃ雑やねん。雑なボケ」

永瀬「いきなり”欧米かっ”みたいな?」

西畑「そうそう、そういうの!でもま、それがいいところですけどね、廉さんの♡」

永瀬「も~お~。耳熱いわ~」

WiNK UP 2014年1月号)

しょっぱなからなにこれ…。わたしの妄想じゃなくて実際のテキスト!?れんしょとだいれんの渋滞。このへんが「紫耀大好き期」の廉ちゃんですね。

 

to Ren

あけましておめでとう
元気ですか?
廉は今東京とかで
お仕事してるけど、
頑張ってね。西畑は
陰ながら大阪から
応援しております。
廉が大阪帰ってきた
際にはまた遊びに
いきましょう!
いい年にしましょうね。

西畑でした

to Daigo

おっす、大吾。
明けたね~。
また坊主に
してな。
それと、泊まりに
きてな~。

(羊のフリー素材イラスト)

(月刊TVガイド 2015年2月号 2014年12月18日発売)

紫耀と2人は関西Jr.に所属して関ジュのページに載ってはいたけど、東京仕事が増えてきたころ。この冬が紫耀のラスト松竹だったかな?そんなことよりだいれんの年賀状風メッセージの温度差よ。

 

永瀬 廉

【クリエ公演を終えてこれから…】

手応えはまぁまぁかな…って感じですね。やっているうちに、だんだん形になっていったから。どうすればお客さんが盛り上がるかっていう、あおり方を学べたと思います。(中略)今度は大きい会場でもすぐに客席を盛り上げられるようになりたい。「席が遠くて何も見えへん」ってテンションが下がっちゃう子がいなくなるように、遠い席でも近くまで行って盛り上げたいな。夢はもちろん東京ドーム!あんなところで歌えたら、絶対に気持ちいいですもん。

神宮寺勇太

【クリエ公演を終えてこれから…】

僕らのチームが初日だったんでお客さんも探り探り…。だけど日に日に盛り上がって、面白かったな。焦りもあって、ピリピリした空気の中でリハをしたことも。それでもお客さんが盛り上がってくれて本当良かった。(以下略)

ザテレビジョンZoom!! vol.21 2015年7月1日発売)

まだ正式なユニットではなかった「クリエA」の6人で、じぐれん2人はMCをがんばりたいと言ってた。だからこの2人はクリエを振り返って同じ感触を持ってたのかな。クリエやEXでの初々しいMCがあっての今だと思うと、本当にうまくなったし仲良くなった。関係ないけど前にブログでちらっと話した、廉ちゃんのワキ毛初観測雑誌はこれです。(いら情)

rocktheworld.hatenablog.jp

 

平野「(中略)最終的には、そりゃデビューしたい。でも、デビューするためだけに頑張ってるわけじゃない。目の前にやるべき仕事があって、全力を尽くす。今はそれだけでいい」

永瀬「そやな。俺は難しいこと、重いことは全く考えてない。いつか、嵐さんみたいにドームツアーしたり、ドームよりもっと大きい会場でもコンサートできるグループになりたい。国民的なアイドルになりたい!って夢はあるけど、ジャニーさんの言う通り、ホントまだまだやもん。(中略)」

(中略)

平野「伸び伸びとやれたらいいな、って俺は思うよ。キンプリってユニットになったのも、気分的にはクラス替えみたいな感じかな。もちろん、やってることは仕事って意識あるけど、違うクラスの子と一緒になって、新しいメンバーでまた頑張ってやっていくんだな、みたいな。この先、もしかしたら次のクラス替えがあるかもしれないぐらいに考えてる」

(中略)

平野「だからとりあえず今は、集中して目の前のことをやる。次にどんな運命が来ても受け止められるように。それぞれの色をちゃんと見せることができて、この6人を多くの人に愛してもらえたら、キンプリが期間限定ではなくなるかもしれない」

岸「世間に知らしめたいね!」

永瀬「6人でいるの、楽しいし!6人でバカやってたいわ(笑)」

髙橋「僕は、初めてのユニット、初めてこんなに長く一緒に過ごすみんなと、できれば離れたくないよ」

ザテレビジョンCOLORS vol.16 PINK 2015年7月31日発売)

キンプリに対してわたしがまだ前向きになれなかったころ買った数少ない6人での雑誌のひとつ。

このころの想いはだいたいこのブログに書いたしいいか。(雑)

rocktheworld.hatenablog.jp

紫耀は強い、Jr.に向いてるって思った・廉ちゃんはどんなときも、今自分が所属するユニットでコンサートしたい!って夢を話してくれるって思ったテキスト。

 

By西畑 永瀬の大好きポイント「その1」

俺のことが好きなところ!久しぶりに会うとすごくうれしそうやもん。別にね、言葉にも態度にも示してはくれへんよ。でもうっすら喜びがにじみ出てるの、気づいてるから♡

From永瀬

イヤイヤ、俺よりも大吾のほうがうれしそうにしてるやん!みんな信じてしまうからキモいこと言うのやめてーな。正直、そこまでうれしくないからな!でも、楽しいけど(照)。

By西畑 永瀬の大好きポイント「その2」

ツンデレなところ。特に俺に対してはひどくて、8ツン2デレくらい。だからこそ、たまに甘えてきたり、悩みを相談してきたりしてくれるとすごくうれしい。全力で受け止めるで。

From永瀬

伝わってへんな。全力で10ツンなつもりやったんやけど(笑)。でも、いつも受け止めてくれるのは感謝してるしこれからも頼ってまうかも。サンキュー。

By西畑 永瀬の大好きポイント「その3」

いっしょにいてラク。これは同期ならではやね。年齢は3つ(※原文ママ)違うけどぜんぜん年齢差を感じない。しゃべってても黙ってても、どんな状態でも平気やし、すごく素でいられるのがいいよね。

From永瀬

この部分に関しては気が合ってるわ。大吾は年上やけど、ホンマに長くつき合ってる友達って感覚やから自然になれるんやと思う。これからも変わらへんな!

永瀬くんへメッセージ!!

まじめでがんばり屋の廉が無理していないか心配です。がんばらないといけない時期やけど、がんばりすぎないようにね。疲れたらいつでも俺のところにおいでや。

西畑くんへメッセージ!!

俺はヤツから愛されすぎてんなぁって感じる。でももっと大吾に好かれるようにがんばらなきゃアカンな。とりあえずはまた大阪で思いっきり遊ぼーな!

(ポポロ 2015年8月号)

もう何も言えない。キンプリ結成期にだいれんのまとめプロフを持ってくるポポロの圧。好き。

 

2人の関係を表すと!?

永瀬「幼なじみ?Mr.KINGになる前も、そうじゃないときも、ずっと一緒に活動してきて」

平野「そう。気付いたら、いたって感じやな(笑)」

永瀬「何やろね?俺たち2人って。一緒にい過ぎて分からん」

(中略)

永瀬「何でやろ?なぁ、何で俺、紫耀と一緒におるんやろ?」

平野「うーん。運命?」

永瀬「よく分からんへんな。(※原文ママ)好きとか嫌いっていう存在じゃない」

平野「しれ~っとずっと一緒におるし。俺、先に東京来て、”あ、廉と離れた”と思ったら、数カ月後、廉がいた。振り返れば、キミがいた」

(中略)

永瀬「まぁ、この先も一緒におるよなぁ。よろしくとだけ言っとく」

平野「お、おう。よろしく」

永瀬「俺、紫耀とおることに、飽きた、もうええって思ったことはない」

平野「お!」

永瀬「シンプルやけど、そんなふうに思える人、なかなかおらん」

平野「そうでしょう!これからも俺に笑いの提供、よろしく」

永瀬「そ、そっちもしてね!」

平野「うん。俺、廉の口角はいつも上がっててほしい!」

(週刊ザテレビジョン 2015 No.44 2015年10月28日発売)

もう何も言えない(2回目)。キンプリからMr.KINGになったれんしょは、ぎこちなくて、お互い照れてて、「この先も一緒におる」なんて予言しちゃって、もう何も言えない(3回目)。

 

平野と海人が永瀬のヒミツを暴露!

海人 (中略)意外とマジメなところもない?

平野 どんなところが?

海人 MCでしゃべるってなったら、話す内容をちゃんと準備してるじゃん。

平野 あー。行き当たりばったりってタイプじゃないのかも。

海人 たぶん、慎重なんだと思う。

平野 あと、『ジャニーズ・ワールド』の稽古中、俺が早めにレッスン場へ行くと、だいたい廉も来てるんだよ。

海人 なんか、集合時間の3時間前ぐらいには行ってたらしいよね。

平野 そう。ひとりで自主練したり、振りの確認してた。そういうところはマジメ。

(Myojo 2016年3月号)

Mr.KINGになって、紫耀カイの2人はダンスをはじめポテンシャルが高くて、それでも遜色ないパフォーマンスを見せてくれた廉ちゃん。もちろん人一倍努力してるんだろうなっていうのは見ればわかるけど、2人がこっそり教えてくれました。

 

ワクワク相関図

REN NAGASE———抱き枕——→YUTA KISHI

なぜか岸くんを見るとハグしたくなるから(笑)

RYUSEI ONISHI———遠距離恋愛———→永瀬 廉

久しぶりに会うとチューしようとしてくるから、逃げてます。東京に行ってからチャラくなったけど、どんな廉くんも好き

(POTATO 2016年8月号)

かわいい子には目がない廉ちゃんの過剰な愛情表現。

 

 永瀬「グループとしては集客力!」

平野「集客力(笑)?」

永瀬「Mr.KINGとしてドームでコンサートしたいから。そのために集客力を伸ばす!」

平野「2017年の目標だよね?けっこうすぐだなぁ」

永瀬「有言実行していきたい」

髙橋「うん。がんばろう!」

WiNK UP 2017年1月号)

好きな人がドームでコンサートするのは自分の夢だと思ってたけど、キンプリでもMr.KINGでも廉ちゃんがドームを目指してくれてたから、わたしも夢見るようになったのかもしれない。自担の夢は自分の夢。

 

Q.自分のグループへの思い

全然考えたことなかった!いるのが当たり前の存在だったから。(中略)戻ってきたときに安心したっていうか、意識してたわけじゃないけど、気づいたらKINGが安心できるような存在になっていたんだなって思う。

———平野紫耀

メンバーと一緒にいて、向上心がわかない日がない。ふたりとも関西の第一線で輝いていた人だから、最初は正直うれしいっていう気持ちよりも、比べられちゃうかなって不安のほうが大きかったよ。でも、ふたりを追い越そうって気持ちを持って今もずっとがんばってる。ふたりといると怖いものはないって思えるよ。それくらい心強い存在だから。

———髙橋海人

オレはKING好きだよ。どこって言われるとすぐには出てこんけど、ふたりともおもしろいから、取材中も楽しくて3人一緒の座談会では普通に笑っちゃう。(中略)自由にやってる紫耀と海人はそのままでいいと思うし、今後も自分たちらしくマイペースにいきたいなって思うよ。

———永瀬廉

WiNK UP 2017年8月号)

紫耀が個人仕事から戻ってきたときのKINGの安心感、カイちゃんの2人への思い。そしてこのあたりから廉ちゃんが「Mr.KINGが好き」と言葉にしてくれるようになった気がする。

 

永瀬 廉

Mr.KINGを紹介するとしたら、何でもできるオールマイティなグループ。そして、平野紫耀(笑)。単独で映画の主演が決まったりと頑張っていて、やっぱり紫耀がいることでMr.KINGという名前が広まっていると思うから。もちろん少しは悔しい気持ちもありますよ。でもそれは嫉妬とは少し違っていて、僕も負けるかって頑張れるいい刺激というのかな。(中略)親に勧められてジャニーズに入ったんで、入所当初の僕は人前に出ることが嫌で仕方がありませんでした。それが、やっているうちに、ふと気づいたら楽しくなっていて。何でだろうって考えてみると、ライブで自分の名前のうちわを見かけるようになってからなんですよね。やめずに続けてこられたのは、間違いなくファンの方々のおかげです。

(anan No.2067 2017年9月6日号)

ジャニーズJr.であるMr.KINGがananの表紙を飾るって、月並みだけど今考えてもすごいことだったんだなと思う。廉ちゃんは、紫耀に対して憧れとか好きだって気持ちもあると同時に、悔しかったり自分と比べてしまうこともあったはず。東京に来てから仕事量と比例してそれを感じることが増えて、こじらせて素直になれなくなって、紫耀と2人でしゃべることも減ったのかなと思う。それを正直に認めて話してくれるようになってから、俗に言う雪解けが起こったんだろうな。

 

メンバーの好きなところと直してほしいところは?

海人の好きなところは盛り上げ上手。でも、いらんときにするのは直してほしいところ。紫耀は俺らを引っ張ってくれるところが好き。直してほしいところはないよ。(永瀬)

廉の好きなところはおもしろいところ。紫耀はやさしい。みんなステキ!みんな大好き!(髙橋)

(Myojo 2017年10月号)

紫耀の直してほしいところないって何なん…わたし家族ですら直してほしいところあるよ…カイちゃんもほんっと愛しい…ぎゅってしたげる!!!(無理)

 

5年後、10年後って未来を考えたとき、どうなってるかわからない部分も大きいけど、どんな形であれ俺はファンのみんなの前に立っていたいって思ってる。で、隣に紫耀と海人がいてくれたら、それはもう最高に心強いね。(永瀬)

昔はインタビュー中に俺の膝に乗ってきたりしてたんだよ。(中略)それからMr.KINGとして同じグループになって。それまで全員ライバルだって思ってた俺に、廉と海人っていう味方ができた。そのひとりが廉ですごく心強かったのを覚えてる。(中略)廉と俺の関係性は、言葉にするのがすごくむずかしい。(中略)ただ、ほかにはない特別な人であることは確か。ちょっと前までは思春期だったのか、あんまりふたりでしゃべることってなかったんだけど、最近はまた話すことが増えたよ。(平野)

永瀬廉へ

おつかれ様
今は毎日リハでつかれてると思うけど
またひとついっしょに仕事できると思うと
オレもうれしいよ。
オレらずっといっしょだな(笑)
最近よくしゃべるよな
ちょっと前はあまりしゃべんなくて
どーしよーかと思ったけど
今は安心してるよー
なんかあったらすぐオレに言え!

よろしく      紫耀

(ポポロ 2017年11月号)

エモ!!!(涙とともに語彙力の喪失)

 

いっしょに関西で活動してたころは、オレが紫耀にベッタリで、何するのもいっしょだったけど、いまは適度な距離感。その理由は、”おたがいに大人になった”以外に見当たらなくて、けっして仲が悪いわけじゃない。その証拠に、自分が窮地におちいったときいちばんに助けてくれるのは、なんだかんだ紫耀のような気はするしね。そういう人が近くにいてくれるのはありがたいし、適度な距離感をとろうとするオレらのあいだにいられるのは、天真爛漫な海人だからこそ。いいバランスなんだと思う、オレたちは。だから、Mr.KINGじゃない自分は想像できないけど、そのグループ愛にしばられすぎずにいたいとは思ってるよ。もしもの話だけど、今後、メンバーの増員とかがあったとしても、その変化にうまく適応してがんばるのがひとつの役目でもあると思ってるしね。だけど、いまMr.KINGはこの3人。3人で上を目指したい!

(duet特別編集 D;J+. 2017年12月14日発売)

突然duetが出した写真集の廉ちゃんインタビューページ。この時期はもう社長にデビューについてのおうかがいを立てたあと、っていう答えがわかってから再読すると揺さぶられるものがある。ミステリー小説かよ。

 

【海人が語る平野】

本当はちょっと頼ってほしい気持ちもあるんだ。ひとりで重荷を背負いすぎないでほしい。いつだって俺と廉が紫耀の隣にいることを忘れないでほしい。(中略)今ね、3人の関係がすごくいい感じなんだ。俺と紫耀だけじゃなくて、俺と廉も、紫耀と廉も。最近、廉と紫耀が仲よしだから俺もうれしいの♪正直、ふたりが話さなかった時期は、俺ががんばらなきゃって苦しいときもあったけど、その時期を乗り越えた分、絆がより深まってグループとしても強くなった。俺、今のMr.KINGが大好き。この関係のまま、ずっといっしょに大人になっていけたらいいな。

【平野が語る自分】

ふたりに会うと安心するし、ここが俺の帰る場所なんだなって思ったの。Mr.KINGっていうホッとする家があるからこそ、俺は外でもがんばれるんだって実感した。

【永瀬が語る平野】

紫耀はめちゃくちゃ考えてる人。求められている自分をちゃんと理解して、必要なときにそれを出せる。勉強どうこうやなく、頭がいいんやろうな~。(中略)歌もダンスも芝居も、何でもすぐ完璧にこなしてみせる。ほんま超人やで。俺は紫耀みたいに器用やないから正直うらやましかったし、悔しかった。勝手に悩んで紫耀とうまく話せなくなった時期もあった。たぶん、紫耀に嫉妬してたんやと思う。

振り返ってみると、子どものころはひたすら紫耀にベタベタ甘えてた。(中略)でも、紫耀離れをして、俺なりにいろいろな経験をしたからこそ、紫耀のすごさを認められるようになった。(中略)逃げずに紫耀と向き合って、紫耀を認めて、その上でやっぱり負けたくないって思った。特にトークはもっと磨いて、いつか俺の武器にしたい!!

悩んだ時間も俺にとっては必要な時間やったと、今は思うよ。まぁ、紫耀には俺の葛藤もぜんぶお見通しなんやろうな。悔しいけど、やっぱり紫耀は俺にとって最高のライバルで仲間。それはずっと変わらない。

しょうへ

(中略)

たぶんこれからもしょうとは、なんだかんだいっしょに活動していく気がします。なので、もっとたくさん、きれいな景色をこれからもいっしょに見ていきましょう。

れんより

(ポポロ 2018年1月号)

ぶあついKING担のトップことカイちゃん。3人の大黒柱、紫耀。そして、こじらせていた想いを素直に認めて打ち明けてくれる、まっすぐな廉ちゃん。廉ちゃんの紫耀への想いだけでひとつマンガできそう(?)。

 

永瀬 Jr.時代をひとことで言うなら、めっちゃ面白かった!

海人 俺も!Jr.の活動のなかで辛いことがまったくなかったって言ったら嘘になるけど、結局ぜーんぶ楽しかった。振り返ってみると楽しいことしか思い出せない。

平野 確かにそうかもね。

永瀬 ちょっと照れるけど、俺は本当にこの事務所に入ってよかったって思ってる。

海人 それな!

永瀬 事務所に入る前の俺は、内気でしゃべるのも苦手だったし、人と目も合わせられないくらいの人見知りやった。自分でいうのもあれやけど、そんな俺が今じゃめっちゃ明るくなった。Jr.として活動するようになって、俺のことを好きって言って応援してくれるファンのみんなと出会って、自分に自信を持てるようになったんだと思う。ファンの子の力って本当に大きいよな。今の「永瀬廉」を作ってくれてるのは、ファンのみんななのかもしれない。それくらい、俺、変わったもん。

(中略)

海人 俺は紫耀と廉と出会ったとき、まだJr.になって1年目だったから、ふたりといっしょにやることに対して不安しかなかった。紫耀と廉は関西で有名だったし、いろんな人から評価されてたから。俺はとにかく、どうやってふたりに追いつくか考えるのに必死だった。

永瀬 かわいいこと言うやん(笑)。

海人 本当だって。楽しくなってきたのは、ふたりを追いかけるんじゃなくて、俺には俺の進み方があるって気づいてから。でもね、今もふたりのことは尊敬してるよ。だから、いっしょにデビューできて、これからもずっといっしょにいられることがすごくうれしい。

永瀬 聞いてるほうがはずかしいわ(笑)。ま、でも俺もいつかデビューさせてもらえるとしたら、このメンバーなんやろうなとは思ってたよ。口にはあんまり出さなかったけど、やっぱりデビューしたいっていう気持ちは強く持ってたしね。Mr.KINGとして舞台をやったり、ライブをしたり、3人でできることが少しずつ増えるたびに、その思いは徐々に強くなっていったような気がする。

(ポポロ 2018年4月号)

Jr.ってきっと楽しいことばっかりじゃなくて、仕事量が多ければそれだけハードでキツいことは増えるし、仲間でも周りはみんなライバルだし、ジャニーズだからプライベートでしたいことも自由にできない。それをこんなふうに言ってもらって、ファンでいてよかったなあって思わずにはいられない。そして、廉ちゃんがはっきり「デビュー」って言葉に出すことは少なかったから、ヲタクが夢を押し付けてるのかな…と思っていた気持ちも報われた、Mr.KINGとして最後の座談会だった。この号の連載「平野紫耀の天然生活」も1,2を争うお気に入り回です。

 

 

以上でジャニーズJr.時代の廉ちゃん懐古の日帰り旅終了~…え?9000字超えてる!?引用で文字数稼ぐレポートかよ?気づいたらほぼ今日が終わってたので、書きたかった「岸優太くんの文体についての考察」はまた今度にします…いつになるやら。

永瀬担になれて、King & Princeがデビューしてくれて、本当に幸せです!

 

King & Princeの時代が来た ~6人の声が、言葉が、ミチシルベ~

 

ジャニーズJr.の永瀬廉くんを好きになって、早5年ぐらい(アバウト)経つ。(いつから、なぜ好きになったんだっけ…ってなるのが本当の恋って聞きました)

 

きっかけは、母親に「あんたの好きな顔の子が関西Jr.にいるよ」と教えられて画像を検索したこと。

「Jr.?しかも関西?そんなかっこいい人おるわけないやろ…

ほんまや(さんまさんの公式)」

 

顔で誰かを好きになったことなんてなかったし、ジャニーズJr.なんて担当すると思ってなかったので、最初は暗中模索。

ドル誌に載っている同い年の彼を見つけては、「今日も顔が好き…(トクン)」とときめいていた。

1回もしゃべったことない隣のクラスの男子好きになったみたいな。

 

そのとき周りにいたJr.担は、のちのSixTONESとなるバカレア組担当の友達Aちゃんだけ。

Jr.担初心者のわたしにいろいろ教えてくれて、わが家で映らない少クラに廉くんが出る*1こともAちゃんに聞いた。ダビングしてもらった。家に帰って再生した。

歌全然うまくない!!!あと声もっと低いの想像してた!

隣のクラスの男子、体育祭で同じチームになったら走るの遅かったみたいな。

今思えばそれで完全に恋に落ちた。(フォーリンラブするポイント変すぎるだろ)

この人を応援したいと思った。

 

そこから、レギュラー番組の「まいど!ジャーニィ~」を録画・ダビングするようになり、ジャニショで写真を買うようになり、自分の中で崩れることのない牙城だと思っていた「櫻井担」というひとつのアイデンティティのようなものまで「永瀬担」に書き替わった。

彼はわたしを変えた。

 

関西Jr.の仲間もみんな大好きになった。関ジュでいるれんれんの笑顔も大好きになった。好きで愛しくてたまらなくて、みんなずっと一緒にいて、いつかCDデビューできるんだ!と思っていた。

甘かった。

Jr.担初心者のわたしは、同じユニットの仲間が事務所を退所するなんて考えてもみなかった。明日は当たり前にあると、その先には必ずデビューがあるのだと、好きな人はずっと並んで笑っていてくれるものなんだと信じきっていた。

 

1日中泣いてから、決めた。

もう絶対こんな涙は流したくない。

自担がデビューできるなら、誰とだってどこでだってかまわない。

明日いなくなっても後悔しない応援をして、彼の明日を作ろう、と。

そんなわたしの決意を試すかのように、彼は東京で活動するようになって、大好きだったユニットと、大好きだった彼の心からの笑顔はなくなった。ように思えた。

新しくできた期間限定ユニット・Mr.King vs Mr.Princeを、好きになりたいし応援したいのにできなくて関西にしがみついている自分は最低だった。ファン失格だった。太宰治よりダメダメだった。

 

2015年夏。いちばん苦しくて、でもいちばん楽しかった。

全然仲良くなくてバラバラだった6人が、だんだん信頼を築いていった。才能あふれるメンバーと組んだことで、廉ちゃんは歌もダンスも、パフォーマンスすべて格段に上手になった。ジンと2人でMCをがんばった。玄樹にツッコめるようになった。きてぃのことが大好きになった。

ユニットの継続が発表されて、「いよいよ後ろと西は振り向かないで覚悟を決めて、この6人を応援しなきゃ」と思った、のに~♪(みんな大好き優太の「のに~」パート)

 

6人は3人と3人になった。あの夏の勢いは、強さは、確信は、なかったことみたいになってしまった。

皮肉にもvsがなくなってから、Mr.KINGとPrinceは二項対立のようにそれぞれのグループで活動することになった。

3人ずつになって、より結束力が強まったと思える発言は増えたし、パフォーマンスにもまとまりが出て、2グループそれぞれの個性やファンとの絆も生まれた。だから離ればなれがまるきりダメだったわけではない。

それでもやっぱりあの夏に見た、この6人なら誰にも負けないと思わせられるオーラはなかった。わたしはそれが忘れられなかった。

 

KINGのほうがJr.内での立ち位置が上(言葉が悪くてごめんなさい、でも今はっきり書いておきたい)だったから、心ない意見もたくさん目にした。無意識かわざとか、2グループを比べるような発言をするファンもいた。かくいうわたし自身も、何度冠番組「真夜中のプリンス」をうらやんだことだろう。

6人ともがんばってるのに、応援したいのに、どうして別のグループにならなくちゃいけないのか。

 

1度デビューしそうな勢いを肌で感じてしまったから、公演のオーラスや千秋楽のたびに、新しい仕事が決まるたびに、詳細のわからない番協が来るたびに、「次こそデビュー」と期待しては裏切られた。2年半くらいの間、KING担とPrince担に分かれざるを得なかったわたしたちキンプリ担は裏切られ続けた。

だんだん期待も何も感じなくなっていった。このまま永遠にこの状況は変わらないのかもしれないという諦観が頭をもたげた。

明日何があるかわからない、時に残酷な儚さこそがジャニーズJr.を応援する楽しさだというのに、雨も槍も降らないかわりに快晴にもならない、どんよりとした曇り空が地平線まで続くような、そんな気持ちでJr.担を続けていた。

 

あの日もメールを見て応募はしたものの、「またよくわからない番協か」そう思った。

1ミリの期待と胸騒ぎが、123%の喜びと幸せに変わるとも知らずに。

rocktheworld.hatenablog.jp

 

一緒にいてもいいんだ。

6人で夢を叶えていってもいいんだ。

CDを、出していいんだ。

長い間続いた曇天の下で、CDを出す以外のことは全部といっていいほどやらせてもらったけれど。

いちばんに望み続けたデビューが、ようやく叶った。

 

わたしよりずっと前からわたしの自担よりずっと先輩のSixTONESを応援してきたAちゃんが、おめでとうの電話をくれた。雨に降られながら帰る道端で、わたしは人目もはばからずに泣いた。

 

そこからの4ヶ月は本当にあっという間で、目まぐるしくいろんなことが変わっていった。デビューすげえ。(小並感)

ずっとどこか別の世界の話のようで実感が湧かなかったけど、フラゲしたCDたちを手にして、またみんながおめでとうを言ってくれて、Jr.じゃなくなる少しの寂しさとデビュー組としての第一歩が始まるうれしさが、堰を切ったように溢れ出してきた。

 

キンプリのオリジナル曲「Hello!!!ハルイロ」の大サビ前、こんな歌詞がある。

 

夜を越えて 明日を迎えにいこう 今すぐ

僕らの時代が来た

この声の方が この言葉が

この世界が この景色が

ミチシルベ

 

6人で話し合ってつかんだデビュー。

彼らは、わたしたちファンのおかげだと口をそろえる。

違うんだ。6人が選んだ道だから、ついていきたいんだよ。

ずっと戦ってた6人を見てきたから。

 

vsのときからはっきり、デビューしたいと言葉にし続けてくれたぐうじさん。

自分の武器はかわいさだと言える強さと自信を手に入れて、また美しくなっていくイワゲン。

言葉選びのセンスは人とは少し違ってるけど、誰も傷つけないから誰からも愛される優太。

いつもお兄ちゃんたちが大好きだってまっすぐ言葉にして伝えてくれた、愛に溢れた末っ子カイちゃん。

男気があって実はきっと頭がよくて、多くは語らないけど常に先頭を走ってくれる紫耀。

そして、ファンのことをはじめ周りのみんなの気持ちをいつも考えて、素直だけど優しい言葉をくれる廉ちゃん。

King & Princeの声の方が、6人の言葉が、見せてくれる世界が、景色が、わたしたちのミチシルベだよ。

 

2018年5月23日、King & Prince「シンデレラガール」CDデビューおめでとう。今までもこれからも、ありがとう。

いつになっても、幾つになっても、6人の夢がファンの夢です。

いつか、キンプリの心灯しつづける5万のペンライトの光のひとつになりたい。

 

売れような!!!!!!絶対!!!!!!

 

*1:ソロ曲「青」

3年前の泣きじゃくるあなたに、King & Princeデビューするよと伝えたい

 

3年前の今日、2015年4月2日。

この日にいちばんとらわれ続けていたのは、実はわたしなのかもしれない。

昔の仲間とのエピソードは今でもうれしいしなにきんメンバーの絡みは好きだけど、Mr.KINGの3人でデビューする未来を想像した日もあったけど、永瀬廉くんがデビューするなら他のことはすべてどうだっていい、誰とデビューしようがどんなデビュー曲だろうがかまわない。過去を振り返って比べてるヒマなんてない、今と前だけ見るしかない。そう思うのは3年前のことがあったからだ。

 

あの日、初めて自分が応援していたJr.ユニットの1人がジャニーズを退所する経験をした。

悲しみ、さみしさ、悔しさ、後悔、怒り、疑問、ヲタクの無力さを知った。ジャニーズJr.の儚さ、今この瞬間に全力を費やす大切さも知った。

自担がやめたらもう今みたいに応援することもさせてもらえない。だったらメンバーなんてどうでもいいからデビューしたい。アイドルである自担を見られなくなるつらさに比べれば、他のすべてが些細なことでしかない。あの日を経験してから、そう思うようになった。

 

それから自担はだんだん東京Jr.になり、大好きだったユニットははじめからなかったかのように自然消滅した。

期間限定で組まれたユニット・Mr.King vs Mr.Prince、略してキンプリは活動継続を発表し、いよいよデビューなんだろうなと覚悟を決めた。正式にデビューすると決まったら関西への未練はきっぱり捨てて、この6人を全力で応援しようと思った。

あの夏の勢いが今まででいちばんデビューを予感させるものだったと、わたしには思えてならない。

そこから6人は3人と3人になり、デビュー発表まで2年半かかるとは、まったく思ってもみなかった。

 

東西どちらも、その間だけでも何人ものJr.が事務所を去った。

自担の同期の11年組も、同級生の98年組も、1人、また1人と退所した。

そのたびに襲うさみしさと、明日は我が身かもしれないという恐怖。

実際、大学の同級生が就活する時期になってもまだデビューできてなかったら「漠然とした期限を決めていた」とデビュー発表後に語った自担に、あと2年遅かったらその日は訪れていたかもしれなかったのかと血の気が引いた。

 

みんながみんなデビューできるほど甘い世界じゃないことは百も承知だ。

それでも自担はデビューできると、そうやって夢ばかり見ていたんだと思った。

もちろんデビューしてからも、グループが全員そろって同じ方向を向き続けられる確証はどこにもない。

それでもあの日のように、大切な人が何も言わずにいなくなるなんて光景はもう絶対見たくなかった。

「デビュー」という名の「存在証明書」が欲しかった。

そのためなら、誰かとデビューしたいと望む気持ちは捨て去ろうと決めた。

 

ずっと望んでいたそれは、発表当日降ってきた雨のように突然だった。

rocktheworld.hatenablog.jp

やっと、叶った。その日はうれしくてたまらなかったけど、Mr.KINGとして最後、ジャニーズJr.として最後、をひとつずつ終えていくたび、デビュー組になるということはジャニーズJr.を卒業しなきゃいけないってことなんだな、とさみしさが募った。

それでも、5月23日は少しずつ近づいてくる。明日で7周年になるジャニーズJr.としての永瀬廉くんに別れを告げ、デビュー組として新しい一歩を踏み出す日。

 

3年前泣きじゃくりながら、デビューのためなら他のすべてを捨てようと決めたあなたへ。

あなたは3年後も永瀬担をやっています。

そして、ただひとつずっと欲しがり続けた、デビューの夢が叶います。

本当は捨てたくなんかなかった、平野紫耀くんと一緒にデビューするという夢も。

King & Princeとして、素敵な5人の仲間と、素晴らしいデビュー曲「シンデレラガール」を手にして、永瀬廉くんはデビューします。

もう大丈夫、わたしはあなたとさよならします。

もっと大きな夢を叶えて、次涙を流す時はいつになるんだろう。

ここからが本当のスタート。過去をそっと抱きしめて、さぁ次を描こう。

 

お風呂あがりにドライヤーで髪の毛を乾かしてあげたいジャニーズ10選

 

先日素敵なお題をいただいて、久々に妄想大爆発ブログ書きました!(遅くなってすみません)

 

過去の記事も読んでくださってうれしかったです!

rocktheworld.hatenablog.jp

 

最近妄想しながら気づいたんですけど、わたしってけっこうキモいですよね!(気づくん遅)

 

 

10位 阿部顕嵐

 

選出理由:顔がいい。(クズか)

毛の1本1本まで美しいもん。ワキ毛とかも。

rocktheworld.hatenablog.jp

違うワキ毛の話じゃない、彼氏の顕嵐の髪を乾かす話です!

 

「ね~顕嵐寝ないで、頭グラグラしちゃうから」

「ねむ…〇〇ちゃん俺のことすき?」

「何突然!?す、好きだよ」

「俺はねぇ…」

あっちょっと寝ないでってば!」

「(顔を覗き込んだわたしの頭を捕まえてキス寸前まで近づけて)愛してる

 

ダッハァ!(言葉にならない)

 

 

9位 正門良規

 

Jr.大賞リア恋部門でも9位の正門くんとは結婚してたい。

 

「その寝巻きかわええなぁ、似合うてるよ

「ひどい、忘れたん?昔デートしたとき買うてくれたやつやん」

「ごめんごめん、そうやっけ」

「罰として今日はいつもと反対、髪乾かしたげる」

「なんか照れくさいな」

「アツい夜にするな♡」

「何言うてんの(笑)って髪あっつ!そっちの『熱い』か…」

 

こっちの「アツい」もせえへん?(黙ります)

 

 

8位 宮近海斗

 

幼少期に婚約する幼なじみになりたいランキング第1位(わたし調べ)。

わたしは今も海斗のこと好きで昔のことも覚えてるけど、向こうは友達も多いし意外とモテるらしいし忘れてるんだろうな…って思いながら夏休み恒例の宮近家でお泊まり。

 

「〇〇~ヒマなら俺にドライヤーして~」

「自分でやればいいじゃんもう~今マンガいいとこなのに」

「ね、5歳のときの約束覚えてる?」

「え…結婚しようってやつ?」

「ちーがーう」

「いや、わたしだって子どものときの約束なんか今でも本気にしてるわけじゃな」

「(急に真剣な顔で)ずっと、俺のいちばん近くにいてくれるってやつ」

 

2回目のプロポーズ…!高価な宝石*1買いに行く?

 

 

7位 向井康二

 

康二はもう、髪乾かしたくない。(主旨とは)

わざと別のところに風当ててふざけ合える、そういう2人になりたい。

 

「〇〇ちゃん、乾いたで~!俺めっちゃ上手いわ~美容師なろかな」

「ほな今度は康二の髪乾かすわ~」

「いやそこ髪ちゃうし!まゆ毛やし!」

「ごめんこっちやったわ!」

「いやそこは鼻毛や!言うて」

「間違えた間違えた、ここや」

「それは俺のくちびる!(キスされて)これは〇〇ちゃんのくちびる♡」

 

KOJIにKOI。(たいして上手いこと言ってないけど声を張って乗り切る)

 

 

6位 浮所飛貴

 

絶対弟、絶対かわいい。

 

「ひだかぁ~おいで」

「また!?もう高校生なんだし髪ぐらい自分で乾かせるのに!」

「いいからいいから!ってかアンタお姉ちゃんのワックス大量に使うのやめてくんない?色気づいちゃってさ~」

「いいじゃん、お姉ちゃんあれあんま使ってないんだから」

「最近化粧水も減り早いんだけど?何アンタ、好きなコでもできた?」

「好きなコっていうか、彼女できた

「えっ!?」

「ちょ、痛っ!ドライヤーで殴んないでよ!」

「ご、ごめんびっくりして…どんなコなの」

「ん~けっこうお姉ちゃんに似てるかも」

 

シスコンばんざい。(でもちょっと悲しい)

 

 

5位 松本幸大

 

9位に続き幸大くんとも結婚したいから、ちょっくら日本の法律変えてきます。

 

「おかえり!こうくん今日仕事大変だった?ちょっと疲れてる」

「え、なんでわかったの?〇〇には隠し事できないなぁ」

「わかるよ~これでも妻ですから!じゃあ今日はヘアブローのサービスつけてあげる」

「じゃあ今夜ごはんとお風呂のあとは、〇〇にする♡

 

全然疲れてないじゃん…もう♡(本当に黙ります怒らないで)

 

 

4位 堂本光一

 

突然の年齢差には目をつぶってください、大丈夫その間にキスとかしないから!(当たり前)

同い年設定として、同棲中の彼。

 

「光一まだ髪乾かしてないの?」

「いやF1の番組始まったからそれどころちゃう」

「風邪引いちゃうよ!こっち来て」

「今ええとこやから無理」

「子どもじゃないんだから!そんなんじゃハゲちゃうよ」

「誰がハゲじゃ!しゃーないな、乾かさせてやってもええよ」

「そんなこと言ってると…ぐしゃぐしゃヘアーの刑だ!おりゃ!」

「うわぁもうやめろ、やめろって!(もみ合いになって床に押し倒されて)…っ、ぐしゃぐしゃヘアーの刑(頭をぐしゃぐしゃって撫でられる)」

 

光一さんいつまでも小学生でいてほしい(泣)

 

 

3位 長妻怜央

 

選出理由:ワンコだから。(違)

一応彼氏だけど、怜央と付き合ってるのどうしても想像つかないけどな…?(なぜ3位)

 

「ねえ〇〇~髪乾かして!はいドライヤー」

「はいはい、おいで」

「〇〇いいにおいすんね」

「え、そう?シャンプー変えたからかな」

「なんかこのへんからするかも」

「ちょ、そこはおっぱいでしょ!?触らないでよもう!」

「じゃあ見るだけ!見るだけはいい?髪乾かす間だけ〇〇のほう向かせて、お願い!」

「やだよ!恥ずかしいもん」

「え~俺は〇〇のこと大好きだからずっと見てたい

 

…なんか、ごめんな。

 

 

2位 松島聡

 

聡ちゃんももはや髪乾かすとかじゃない…普段聡ちゃんをアイドルとしてしか見てないからあんま妄想しない分、ちょっと過激にしてしまって申し訳ございません。(先に謝っとくスタイル)

 

「(お風呂場から)〇〇ちゃんそこに洗顔ない~??取って~」

「これ?はい…(腕掴んで引き寄せられて抱きしめられて)ちょっと何してんの、濡れちゃったじゃん!」

「その服脱がなきゃだね」

「ほんとだよ、聡のせいでさぁ」

「…なんで男モノのシャツなんか着てんの?それ誰の?早く脱げよ」

「これはサークルの友達から借りたやつで、いろいろあってっ」

「(濡れた髪から水滴垂らしながら)脱げって言ってんじゃん

 

なんか最近欲求不満なのかもしれない…早くサマパラ出してくれないとダメ…

 

 

1位 永瀬廉

 

自担です。

いいじゃん!いっつも1位にしちゃうけどいいじゃん許して!

 

「(廉の髪に手ぐし通すわたしの指を見つめて)〇〇ってさ~指は細いよな」

「指は、ってなによ?」

「冗談、指輪のサイズなんぼぐらい?」

「ん~7号とかかな?」

「ほ~そうなんや…あとさあ、いつもお前がつけてるネックレス、あれどこのブランドなん?」

「あのハートのやつ?ティ〇ァニーだけど」

 

後日、ティファニーのリングを誕生日プレゼントとしてくれること間違いなしです!

結!婚!!もう結婚したいほんと結婚したいまじで嫁!妻!奥さん!なりたい(落ち着け)

 

 

Jr.多めですみません…(とりあえず謝っとくスタイル)

 

他の方の妄想もぜひ読んでみたいので、もし同じテーマで書いてくださる方いればコメントか記事引用で教えてください~!

 

 

*1:「まいったネ今夜」でこの歌詞が来ると宮近大先生は指輪などを投げる振りをしてくれます

Mr.KING永瀬廉くん最後のM誌Jr.大賞

 

※発売日になったため、Myojo2018年4月号「第24回Jr.大賞」の結果に触れています。結果を見たくない方はクリエ当日券に遅刻しそうなヲタクばりに急いでブラウザ閉じてください!

 

★*+.*.o*_o*.o*o_*+.★

 

何らかの当選感あふれるコーナー

 

★*+.*.o*_o*.o*o_*+.★

 

 

ずっと、永瀬廉くんがJr.大賞恋人にしたい部門の1位を取る日を迎えたかった。それよりもっと、Jr.大賞に参加するのが最後になる日を迎えたかった。

そして後者の願いが叶う日が来た。

 

2014年、第20回Jr.大賞で10位にランクインした。

その年初めて、のちに同じKing & Princeのメンバーとしてデビューすることになる岩橋玄樹くんが1位を取った。

2015年、前年から大躍進の2位になって、それから3ヶ月ちょっとしてキンプリ(Mr.King vs Mr.Prince)が結成された。

わたしがいちばん印象深かったのは、2016年に2度目の2位を取ったときのコメントの最後。

 

「玄樹がいるから、今年も1位はムリやってわかってた」

(Myojo2016年4月号)

 

悔しかった。嘘でもいいから、「1位取りたかった」って言ってほしかった。もっと自信を持っていいのに、イワゲンの順位を抜けないことが当たり前かのように諦めたりしないでがっついていいのに。

 

twitter.com

 

次の2017年、史上初の4連覇がかかったイワゲンにももちろん記録を作ってほしかったけど、昨年の言葉が引っかかって、1位の景色を自担に見せてあげたいと思った。でも結局それは叶わず、廉ちゃんにはまた2位を取らせることになってしまった。イワゲンは前人未到の4連覇(歴代覇者はそれまでにデビューしているからなのだが)を成し遂げた。

 

そして、投票期間にはこれが最後のJr.大賞になると願ってはいたが思ってはいなかった、そんな2018年第24回Jr.大賞でも、

永瀬廉くんは4年連続2位だった。

 

最後まで1位を取らせてあげられなかった。袋とじを開けた瞬間にそれがわかったとき、申し訳なさと顔面の素晴らしさに涙が出た。そう、2位だろうとなんだろうと顔面が世界一素晴らしいのだ。困ったもんだ。

一方で、少なくともしばらくはJr.大賞5連覇という記録保持者になるであろう岩橋玄樹という伝説が、これから一緒にCDデビューするメンバーであるという事実を、「キンプリ担」として誇らしく心強く思った。

 

そして、よくよく読んでみるとなんだか新設部門「私のリア恋枠」で自担が1位を取っている…?

ごめんそこ取ると思わなかったからどさくさに紛れて安井謙太郎くんって書いちゃったアハハ!おめでとう!(笑ってごまかす)

 

次のページを開いていちばんに目に飛び込んできたのは、かつて「なにわ皇子」として一緒に活動したメンバーだった…ってえぇ!?

西畑大吾くん5位、大西流星くん6位!?!!??

3位が平野紫耀くん、4位が岸優太くん、その次!?

キンプリのデビューを「おめでとう」と言ってくれた、「負けへん」とも言ってくれた大吾。もし来年まだJr.大賞で大吾に投票できるなら必ず入れたい、そう思っていた。

1位~4位はキンプリメンバーなので、来年はJr.大賞にいない。お察しのよいみなさん、言いたいことわかりますよね?(圧)

もちろんそれより前にデビューしてくれたら最高だけど、止まらない西畑無双を夢想するのも悪くない。(うまくねえよ)

 

今回の結果を経て改めて、廉ちゃんが先日発売されたBRUTUSでベストジーニストランクインについて触れていたことを思い出した。

 

「めっちゃ嬉しかったけどファンの人に投票のプレッシャーかけたくないし、上位は徐々にで……」

BRUTUS 864号)

 

「1位にできなくてごめん」なんて思うのは間違っていた。少し気にしいで優しすぎる彼にとって、自分が念願のベストジーニスト上位を取ることより、ファンが「投票しなきゃ」という使命感を持たずにいることのほうが重要なんだ。それはきっと、ベストジーニストのことだけを指すわけではない。

だけど、これからはそうも言っていられないこともまた事実。CDを出すということは、その都度はっきりと数字という現実を突き付けられるということでもあるのだ。

 

今までも、デビューできるようにハガキに名前を書いたりジャニショの写真やグッズを買ったり、数やお金で好きを伝えるようにはしてきたつもりだ。

好きな人たちが明日も同じ場所にいるかどうかわからない立場だったから。

そしてつかんでくれたデビュー。

願い続けてきたそれはしかし、あくまでスタートだ。

永瀬廉くんとKing & Princeについていくと決めた以上は、6人のオリコン1位記録を更新し続けたい。

 

6人のためだけに作られた曲、衣装、ジャケット写真、アドトラ、CDショップの棚…。

ずっと夢見てきた景色をいつか当然に受け入れ、惰性と義務感でCDを買う日が来るのかもしれない。

そんなとき、なにわ皇子Mr.KINGの永瀬廉くんのことを、デビューの夢を一緒に叶えたくて必死にもがいていた今までのわたしのことを、思い出したいと思う。

 

少し早いけど、ジャニーズJr.・Mr.KINGの永瀬廉くん、今までアイドルであることを選び続けてくれて本当にありがとう。

そして4年連続Jr.大賞2位おめでとうございます。

これからKing & Princeのみんなで、思い描いていた夢から、描いてすらいなかったような大きな夢まで、一緒に叶えましょう!

昨日よりも今日のほうが、今日よりも明日のほうが、

廉ちゃんのことがダイスキデス♡

 

ジャニヲタと「東京」

 

ジャニヲタだからという理由で上京して、およそ1年が経った。

rocktheworld.hatenablog.jp

 

何もないド田舎の地元が大嫌いだったから都会に出てきた。

芋ダサい方言が染みついてるせいで1日中標準語を話すと疲れた。

たくさんの路線と本数のある電車を乗りこなすまで時間がかかった。

夏の夜に窓を開けて涼しい風と眠ることもできなくなった。

 

人は笑うかもしれない。

ジャニーズが好きだから慶應に来た、としか言いようのないこの事実を。

田舎を捨て、家族を置いて、1人この街で暮らすことを選んだわたしを。

 

どうぞ笑ってください。

TOKYOはいいぞ~!!!!!

一生ここで生きていきたい~!!!!!(大の字)

 

細かい違いはいろいろあるが、現場数で見ればその差は歴然。

地方ヲタだった間でいちばん多かった高1のときで、年間の現場数は5公演(+松竹グッズ遠征+ピカンチ遠征)。

そのうち東京公演は1回だけであとは大阪公演、つまりJr.の現場(特に舞台)なんてもってのほかだ。

そもそも大阪遠征ですら往復バス代がほぼチケ代と同じなのだ。

現場に行って帰ったら1回EXシアターに入れるし、東京だったら夜行バスが地元に到着する頃には1回帝劇に入れる(計算上は)

対するこの1年、上京した2017年3月から2018年2月現在までの現場数は、なんと29公演である。

積むのは自分のヲタ活ルールに反するので、自チケや友達の同行、交換や定価でお譲りいただいたもののみ。

それでも1ヶ月で地方の1年間を超える月もあった。(夏は現場。EXとTDCのころはさらなり。)

18時からの公演に入るのに、15時にまだ家で髪を巻いている状況は今でも不思議なかんじがする。

21時に公演が終わって、日付が変わる前にお風呂を済ませてベッドに入っているなんてもはや恐怖である。

都会すげぇ。

 

ただ、だからこそジャニーズとはいい距離感を保っていきたいし、どんな席でもこの1回の公演に入れるだけで幸せという気持ちは持ち続けていたい。

都会にいればステージの裏側の彼らに近づくこともできなくはないだろうし、わたしがジャニヲタと知ると非ヲタの知人は良かれと思って「○○くんって知ってる?中学の同級生なんだ」「○○くんって人と最寄り一緒なんだけど」と教えてくれたこともあった。

それでもわたしは、歌って踊るステージ上の彼らをいちファンとして見ていたい。

どんな公演もその1回きりで、同じものはひとつもない貴重なものだ。

そしてその公演を今自分がいる座席から見ることができるのは、この世でただ1人自分だけなのだ。(あの世の人は背後霊とかになれば見れる)

 

自分は何のためにヲタクをしているのか。

ヲタクとしてどうありたいか。

わたしは、ジャニーズが魅せてくれるキラキラで楽しくてちょっぴり切ない、すべてのエンターテインメントを心から愛している。

「楽しくヲタクする」

これがわたしの座右の銘だ。(かなりやばい)

だからこれからも心の定期点検を欠かさず、無理せず楽しく初心を大切に、ここ東京でジャニーズエンターテインメントを享受していきたい。

 

とここまで書いたけどわたし東京都民じゃないんですけどね!!!

関東なんてどこも一緒だろ田舎の民のみんなァ!!(cv.諸星翔希

\そうだー!!!/